日本初 ドローン専門学校

操縦の技能は当然のことながらそれぞれの業種により必要な知識や、技能の習得及び安全運航に対する知識、機体の製造やメンテナンス技術等を有し、自身の持つ知識や技術等も指導することが可能な操縦者であり、指導者であるドローンスペシャリストを育成し、即戦力として社会に貢献できる人材を育成することを目的としています。

専門学校関西ドローン大学校キャラクター

ご挨拶

専門学校関西ドローン大学校理事長

理事長の阿部賞久です。


ドローン業界において大きな期待を持って学ぶ人とドローンの将来を考えた専門学校に育てていきたいと考えております。
私の学校教育のモットーは、笑顔輝くであります。
人々の笑顔が輝く専門学校関西ドローン大学校に皆さんのご期待をお寄せください。
大阪は2025年に大阪関西万博が開催されます。
ドローン業界の躍進を心から期待をするとともに、万博で力を発揮できるように頑張ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

専門学校関西ドローン大学校校長

校長の棚窪哲司です。


このたび専門学校関西ドローン大学校の設立準備をしています。
ドローンの操縦資格や機体の点検・修理・組み立てを専門的に勉強します。
産業に役立ち、社会に出ても即戦力になるような人材育成を行って参ります。
いまやドローンがさまざまな場面で映像になって出てきたり、実際に空を飛んでる姿が見えております。
ドローンに興味のある生徒の皆さんお待ちしております。

キャッチコピー

活躍できる事業分野

ドローンの用途はビジネスとして考えれるだけで現状でも多岐にわたっており、さらなる用途の広がりを見せています。

以下は、各分野のおける主なドローン事業分野の紹介です。

農業

農薬散布(ピンポイント農薬散布)→作業時間も農薬量も削減でき効率性が大幅アップ。

空撮での画像分析、播種・受粉・鳥獣被害対策

Read more
防災

救助隊が立入れない地域の迅速な被害確認や情報収集などに貢献している。被災地へ救援物資などを運搬することができる。
救助者のリスクを抑えて要救助者を救助することができる。災害時に備えたシミュレーションを実施することができる。(理経:VRシミュレーター)

Read more
建築

外壁や屋根の面積を計算
屋根や太陽光パネル、外壁の点検→赤外線点検にも対応できるため、費用を削減できるとともに時短かつ質の高い調査を行える。

Read more
物流

有人地帯(第三者上空)での目視外飛行Level4の実現の第一歩
再配達による時間と労力のロス解消。
交通渋滞を緩和することが可能、よりスピーディーに荷物を宅配できる。
過疎地や被災地へも宅配できる、配達員と客間でのトラブル防止。

Read more
測量

ドローンを使うと短時間で3Dモデルを容易に作成できる。
従来法に比べて時間とコストを抑えつつ広範囲の測量を行うことができる。

測量できる場所が多い。

Read more
メンテナンス

インフラの老朽化
短時間・少人数で点検できる。

ドローンカメラが撮影した映像をAI (人工知能) が映像解析することで、点検作業を効率的に行える。

Read more
空撮

ドローン事業分野作業におけるベースが空撮
空中からの広範囲での映像を撮影できる。

さまざまなシチュエーションに空撮が必須

Read more